日本の英語の語学学習は会話が大切

英語は今や世界の共通語としての地位を固めつつあります。
海外の旅行番組などを見ていても、ヨーロッパや南米、アフリカ、アジアなど英語圏でない国の人達が母国語の他に英語を交えながら、話をしているなど言うことを良く目にします。
実際に母国語の他に英語を第2語学のような位置づけで学ばせる国は多いです。

その中には日本も含まれています。
しかし、英語を流暢に話せる人は、まだまだ日本では少ないのが現状です。

しかし話せなくても文法はわかっている人はたくさんいます。
英語圏の外国人の中には、それを不思議がる人もいます。
すなわち日本人は義務教育でちゃんと英語を学んでいるのに、どうしてしゃべることができないんだと言うことです。

それは日本の英語の語学教育が文法中心だったことが原因の一つに挙げられています。
確かに大学受験などでも、難しい文法や英作文をすらすら解く人はいます。
しかし、そういう人達が必ずしも英語を流暢に話せるとは限らないのです。

ですから現在の日本では英語の語学教育に会話を重視する動きが活発になってきました。
大学でも積極的に留学体験できるところが人気になっています。
また就職においても、英語の検定資格よりも、いかにネイティブに英語を話せるかのほうが重視されるような傾向にあります。
このように日本の英語に関する考え方は、変化してきており、文法よりも会話を中心とした人材を求める傾向が強くなっていると言って良く、それは一部の会社で社内会話が全面英語にすると決められたように、ますます強くなっていくでしょう。

PR情報