語学で英語を話せる事は普通になってきた

語学を何か国語も話せる人は少ないですが、今は昔と比べると随分と話せる人が増えてきました。
一番長く私達が学んできている語学は英語です。

ベーシックな語学といえば英語だと思うのですが、今は親が力を入れていて、子供に英語を習わせる人が多くなってきたと聞きました。
子供なので吸収力も良く発音もきれいだといいます。
それに大人になって覚えるよりも自然と覚えられるのではないでしょうか。語学は簡単に覚えられるという人がいますが、日本に住んでいて日本語以外の語学を習得するのはかなりの努力と継続が必要だと思います。
しかし、帰国子女の人達も増えてきていますし、会社の入社でも英語が話せるというだけではあまり利点にならないといわれています。
厳しい世の中になってきたなと感じます。

これからの子供たちにはなるべく多くの語学を学べる環境を作ってあげるのが良いと思いますが、今の大人の人達も語学を学べる環境が欲しいと思います。
年を取ったからもう語学は難しいというのではなく、もっとこれからの視野等を広げるためにもグローバル言語になっている英語は必須になってくると思うのです。

私の知り合いには一度も海外に行った事がないのにも関わらず、英語は堪能に話すことができる人がいます。
それはもともとの暗記力等の力の差もあると思うのですが、その人の勉強時間だったり努力は決して少なくはなかったはずです。

語学を学べば新しい事も見えてきますし、新チャレンジにも挑戦できる機械が与えられるのです。

もっと今だけを見るのではなくこれからのグローバルを目指して頑張って勉強していきたいと思います。

PR情報